青少年委員の活動紹介

文京区青少年委員の活動の一部を順次ご紹介していきます。

磯貝 純子 (青柳小学校担当)

IMG_0047 IMG_0055

青柳小学校開校100周年記念の夏祭りの模様です。実行委員長を務めさせていただきました。地域の皆様がたくさんお越しくださいましたこと、深く感謝申し上げます。お天気にも恵まれ、子どもたちも夏祭りを楽しんでいる様子でした。今後も地域の皆様のお力添えをいただきながら、子どもたちのための活動を続けていきたいと思っています。

 

山田 久慈子 (小日向台町小学校担当)

P3070888 P3070893

小日向台町小学校開校110周年記念に学校・PTAの協力のもと、大塚地区対主催でカプラのワークショップを開催しました。
参加者100名余りと大盛況でした。今後も地域の皆様と一緒に手を携えて、子どもたちの教育・育成活動に関わってまいります。

 

宝川 順子 (関口台町小学校担当)

P2010804 P2010806

今回は音羽中学校をお借りして、音羽地区対主催の味噌作りをお手伝いしました。まずは大量の大豆をやわらかく煮込む作業から始まります。家庭科室では「お味噌のうた」が流れるなか、たくさんの子どもたちと日本食を代表する発酵食品を仕込み、各々お土産に持ち帰りました。どんなお味噌に仕上がるか楽しみです。

 

小川 広子 (指ヶ谷小学校担当)

IMG_0272

 

 

 

 

 

 

 

指ヶ谷小100周年の年頭のお祝いに門松を作りました。児童、保護者、先生方、地域の方々が一緒になって、学校の竹の切り出し・部材の準備から手作りしました!

 

鵜野 祐子 (駕籠町小学校担当)

P1170546 P1170552

駕籠町小学校では、放課後全児童向け事業として「駕籠町こども広場」を実施しています。保護者や地域の皆様にご協力いただきながら、校庭開放の見守りやスケジュール管理、行政や学校との連絡係などを青少年委員も協力しながらの実施です。

広い場所で自由に遊びまわる機会の少ない子どもたち。子どもの体力向上には、時間・空間・仲間の3つの「間」が重要であると言われています。子どもたちがもっと体を使って遊びたい!と思うような仕掛けつくりを、これからも続けていこうと思います。

 

水木 優香 (駒本小学校担当)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_0879

駒本小学校の授業支援に、地元商店街や地域・保護者の皆様のお力添えを頂きながら、より良い教育環境を整えるお手伝いをしています。近年では、駒本小の教育目標に沿って「生きる力」や「学力の向上」を身に付ける活動に、企業やNPO、区内私立中・高校、大学などにもご協力頂き、子どもたちひとりひとりに「わかった!」と思える瞬間や「本物との出会い」を届けられるように頑張っています。

駒本小学校は今年、開校60周年(創立138周年)を迎えることが出来ました。この記念事業を通じて、子どもたちはまた一段と成長した姿を見せてくれました。今後ともこの地域で子どもたちが安心して育ち、体験からの学びがひとつでも増やせるように活動を続けてまいります。

 

清水 智博 (本郷小学校担当)

P2220815 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は「チャレンジウォーク」出発前と「本郷小まつり」の様子です。本郷小学校の児童と地域の皆様の交流を図っていくことはもちろんのこと、文京区全体を横断的に繋ぎながら、子どもたちの教育・青少年の育成に今後とも貢献していきたいと思っています。

子どもたちを楽しませるには、まず大人が楽しむこと、大人の本気を見せること。地域の皆様にご協力いただきながら頑張ります!

 

市野瀬 祥子 (第六中学校担当)

地区対プール開放 写真 4

第六中学校のプールで青少年対策向丘地区委員会主催のプール開放が行われ、スタッフとして参加いたしました。新校舎になって初めてのイベント!屋上プールはとても気持ち良さそうでした。これからも地域の皆様にご協力いただきながら、生徒たちと地域を繋いでいけるように頑張ります。

 

甲野 三枝子 (第八中学校担当)

IMG_1852 P2010789

左は今年度初めて第八中学校で行われた親子ふれあい事業「地域防災訓練」の写真。右は八中生徒も企画運営に関わった「千駄木フェスティバル」での写真です。どちらの事業も保護者や地域の皆様にご協力いただきながら、中学生が主体的に関われるような場面を提供しています。

 

三谷 規子 (第九中学校担当)

PB290707 PB290681

第九中学校の家庭科室を会場に、クリスマスクッキー作りを行いました。この事業は毎年駒込地区対が主催して、青少年委員もスタッフとして関わっています。近隣に住む小学生を対象に実施していますが、中学生がボランティアに入り、クッキーの材料の準備や指導などをお手伝いしてくれました。

 

松山 巧 (第十中学校担当)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青少年対策大原地区委員会と大原地区町会連合会のご協力のもと、第十中学校の校庭や体育館をお借りして夏祭りを開催しました。中学生ボランティアもスタッフとして準備から関わり、たこ焼きを調理・販売してくれるなど様々な体験を行うことができました。今後も生徒の立場に寄り添いながら、青少年委員の活動を続けてまいります。

 

中村 啓 (文林中学校担当)

P2010787 P2010783

汐見地区対主催で毎年行われている「中学生企画・千駄木フェスティバル」が平成27年2月1日(日)に行われました。左側の緑色ジャンバーで写っているのが中村です。

このイベントは、文林中学校と第八中学校の生徒会役員が地域の青少年委員と一緒に企画・準備をして、地域の子どもたち(小学生・幼稚園児・保育園児)を遊ばせる行事です。毎年たくさんの参加しており、今年は500人を超える参加者で大盛況でした。また、文林中vs第八中のうどんの味比べ大会にも力が入り、美味しいうどんをみんな笑顔で食べていました。両校の中学生ボランティアが最後まで頑張り、充実した一日でした。

 

田中 ひとみ (茗台中学校担当)

image1  image3

青少年委員として、担当校で年間3回開催される学校運営連絡協議会に出席しています。ここでは、先生方を中心にPTAや地域の方々が、学校や生徒の様子や地域での現状等さまざまな情報交換をして、よりよい学校運営に役立てています。各年度末には、全校保護者より回答いただいた学校評価を専門家に分析していただき、次年度へ向けて有意義な意見交換が行われました。

 

石田 幸雄 (本郷台中学校担当)

image1 image3

3月15日(日)に本郷台中学校で湯島地区対の恒例になっている「地域こどもプラザ」にスタッフとして参加しました。
今年のリーダー企画は「大江戸物語」~敵忍者から本郷台を守れ~
受付で通行手形をもらって各コーナーを廻るポイントラリーゲーム。当日は曇天にも拘らず約700名の参加者となり大盛況のうちに終了しました。